技術者ワーママ からだの修理日記

技術職のワーママです。初期乳がん見つかったりうつになったり。でも何とか生きてます。

コンテストに応募したら。。。その後② 3Dプリンター

コンテストに応募したら3Dプリンターが我が家にやって来たお話の続きです。

blog.komomon.com

前回、本体は無事デモサンプルを作れたので、

今度は我が子がデザインしたものを作れるよう

PCのセッティングをします。

 

実は今使っているPCは、Windows10にアップデート

してからというもの、はてなブログ書くのも

息絶え絶えで動作がやたら重い状態。

そのため、新しいPCの購入について相談すべく、

通っている教室の先生にスペックを聞いたら、

もっと古いPCでも動くから大丈夫!

今使ってるPCで頑張ってやってみて!

 

…と言われたので、現役のPCで試しました。

ユーザー登録して、

専用のソフトをインストールして、

ソフトを起動。少し反応が鈍いけど使えそう。

USBケーブルで3Dプリンターとつないだら

ちゃんと認識できました。

 

ということで子供にデザインしてもらいました。

f:id:KOMOMON:20191201202703j:image

まぁシンプル。

とりあえず一回標準設定のまま出力してみると、

白い糸くずの塊みたいなのが出来ました。。。

しかも、デモサンプル作ったおかげで原料の

フィラメント(プラスティックの線)がもうない。。

 

これムズっ!!

 

この辺りから、子供のデザインの勉強というより、

私の3Dプリンターの出力技能向上の実践場に。

 

こちとら技術で食べてるので、こんなところで

躓くわけにはいきません(謎のプライド)!

いや専門関係ないですけどね!

 

って事で、ネットで調べて、色々対策しました。

細かい事書き出すと長いのでざっくりまとめると、

①原料のプラスティックを変更

 (メーカー純正のABS樹脂→他メーカーのPLS樹脂)

②出力時に上下をひっくり返す

③サポートとラフト(土台となる部分)をつける

④ノズルの設定温度、ノズルの高さなどを調整

などで無事できるようになりました。

※もし興味のある方は3Dプリンター専門ブログを見てみて下さいね。

ちなみに、作るためのソフトではこんなイメージ。

平らな屋根の面を下にして、失敗しにくくします。

下にある下敷みたいなのがラフト、隙間のウネウネしたのがサポートです。

f:id:KOMOMON:20191201205614j:image

他社メーカーのフィラメントはセッティングできないので、送られてきた箱に丸い穴をあけて、真ん中にスプレー容器を刺して簡易ケースに。

f:id:KOMOMON:20191201205835j:image

印刷を開始。

f:id:KOMOMON:20191201205641j:image

無事できました!金色のクルマが仰向け。

f:id:KOMOMON:20191201205700j:image

取り出すとこんな感じ

f:id:KOMOMON:20191201205718j:image

ラフトとサポートを取り外すとこんな感じ。

f:id:KOMOMON:20191201205752j:image

我が子も気に入った様子。ポスカペンで金色に塗ったトミカ に取り囲まれてます(^_^;)

f:id:KOMOMON:20191201205800j:image

ということで、お家で好きなデザインを出力する環境が無事整いました!

我が子よ、あとは君次第だ。

 

 

 

ちなみに、今回使用したPLSフィラメントはこちらです。興味のある人のために補足すると、ヘッド温度は205℃、ノズル高さ1.99mmで作りました。

割と光沢でて安いのでお勧めです。興味のある方・・・いるのか?

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村