技術者ワーママ からだの修理日記

技術職のワーママです。初期乳がん見つかったりうつになったり。でも何とか生きてます。

謎のシステム

今回はうつ休職から復職に向けたお話です。

無理をすると結局自分に返ってくる② - 技術者ワーママ からだの修理日記

ちゃぶ台返しキタ。 - 技術者ワーママ からだの修理日記

f:id:KOMOMON:20190612155800p:plain

休職のシステムの謎

私の職場は主治医から休職の診断書を出してもらうと基本的には産業医と面談の上休職できるシステムになっています。そして、休職中は傷病手当の申請や、定期的な連絡を上司と行います。

 これ、休職の原因が上司にあった場合、結構辛いです。私はそこまでこじれてなかった(というより上司に自覚がなかった)ので何とかなりましたが、上司のパワハラの場合、苦行でしかない状態になります。病んでるのに。夫の時はまさにこれで、とても上司に連絡が取れる状態ではなかったため、私が夫と上司の間にいた中間管理職の人(この人はいい人)に連絡とって手続きしてました。夫の場合は私がやったからいいですが、被害者は多数いたので他の人はどうしてたのか不思議です。。

 まぁ、職場としては「パワハラするような管理職はいない」という前提なのでしょう。いるよ!

復職レポートの謎

そして、休職してメンタルが回復してくると「復職できるまでに元気になった証」として、レポートを提出しなければなりません。が、これ、上司経由で提出なんですよ。しかも、「どうしてうつになったのかその原因を自分なりに考えた結果」と「今後再発しないようにするために自分がどう変わるべきか」ってテーマなんですわ。

 これ、パワハラ原因の人、その上司に正直に書けます???パワハラでなかったとしても、書きにくいじゃないですかこれ。

 私の場合は上司が変わったので、オブラートに包んで「色々重なって辛かったんです、これからはもっとちゃんと相談します」みたいな感じにして書きましたが、自己責任感丸出しのシステムでどうなのよ、と思いました。まぁ休んで傷病手当もいただいたので、書かせていただきましたよ、という感じです。

そして復職面談へ

これを上司に提出して、人事からOKが出ると面談が設定されます。ちなみにここで適当なレポートを出すと再提出になります。夫の時はパワハラの話を書かずに出したら「こんな当たり障りのないレポートじゃなく、正直に書け!」と怒られたそうです。え、書いていいの?コンプライアンス的に残しちゃダメなんじゃないの?と思ったのですが、正直に書いたら通ってました。。。

 私の時は一回で通って、次の週には面談することになりました。

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村