技術者ワーママ からだの修理日記

技術職のワーママです。初期乳がん見つかったりうつになったり。でも何とか生きてます。

衝撃の事実。

地域によっては休校が解除されてきていますね。

残念ながら我が子の学校は終業式を除いて休校が春休みまで続くことになりました。そう、春休みまで。

 春休みには学校併設の学童が終日になります。普段は春休みもみんな朝から夕方までは通う事が出来るのです。

 

ところが。

 

今回はコロナウィルスのせいで、保護者が就労であることを届出した児童のみ預かるという展開がありました。

ウチは共稼ぎなのですが、普段はデイサービスを使っているので、この届出をしていません。そのため、この春休みは預ける事が出来ないのです。

もちろん届出して、必要なお金を払えばいいのですが、出社もままならない状態で数日のために就労証明もらうのも大変なので、今回は在宅と休暇で乗り切ることにしました。

 

職場も年度末で荒れてきている事もあり、子供にも申し訳ないと思いつつ、イライラが溜まってきております。みんな大変ですよね。。。

 

そんな中、我が子に登校してもらう日。

人通りが少ないので、学校の近くまで一緒に行き、子供と別れてから駅に向かっていました。

すると向こうから同じ個別級のお友達とママが歩いて来ました。

 

あれ?ウチの子だけじゃなかったの?

 

と思いつつ、声をかけてお話しました。

 

すると。生活リズムを崩さないために、毎日学校に行っているとのこと。

で、デイサービスが迎えに来るまでの間、個別の先生がお散歩に連れて行ってくれている、と教えてくれました。

 

えっ?ウチの子普通級(しかも学年違い)に一人で突っ込まれてるって…

 

と戸惑っていたら、

できる子は普通級なのかな〜。

と言われました。

 

いや、確かに手はかからない方だとは思うけど、一緒にお散歩…させてくれないかな?

 

だって学校ある朝、静かに泣いてるし、先生の対応が冷たくて辛そうだし。

それでなくても学年違う子たちに一人突っ込まれるの、嫌だよね。。。

 

もしみんなでお散歩だったら、もうちょっと学校楽しく行ってくれたかもしれないのに。

 

とても複雑な気分です。もちろん出来ると思ってもらえたのはありがたいのですが…

 

家に帰って子供に聞いたら、他の個別の子が来ている事は分かってました。多分小さい子たちはお散歩だけど、君は大きいからここにいてね的な事を言われたようです。まぁ今更一緒にお散歩でいい、って話にすると混乱しそうなので、このままにしようと思います、あと一回だけだし。

 

正解はない話ですが、どうするのがみんなのためにいいのか、ちょっと考えさせられました。

 

いつまで続くか心配ではありますが、みなさんも何とか乗り切りましょうね!

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村